動画サイト登場時の思い出

今でこそ動画サイトはごく当たり前になっていますが、YouTubeが出てきた当時は本当に驚いたものです。
私は60~70年代の音楽を好んで聴くのですが、貴重な昔の動画が、簡単に見られてしまうんですから。 中には、話には聞いていたものの、見る事など到底叶わなかった「幻の映像」を見つけた時には、夢のようなサイトが出来たと思いましたよ。
他、素人の投稿動画にも随分楽しませて貰いました。 世界にはこれだけの才能のある一般人がいるんだなあと、感動しましたね。
ただ、当然海外の物が多く、日本人の私としては実感が薄かったのが事実でした。 自分でも昔、ホームビデオで映像を撮って遊んでいた事があるので、投稿してみようと思った事もあるのですが、 妙に敷居の高さを感じてしまって、実行に移せませんでした。
それを打破してくれたのが、しばらく遅れて登場した「ニコニコ動画」。 これで、動画との距離がぐっと近付いたのは言うまでもありません。 当時は下らない動画を撮っては、せっせと投稿していました。
みんなで一緒に同じ動画を見ながら、コメントを入れられるシステムも画期的でしたし。
今では「ニコ動」も巨大になり過ぎてしまって、あの頃の手作り感を知っている身としては、少し寂しい気分にもなりますね。

ページのトップへ戻る